Webディレクターを目指すことができるディーボの評判が気になる?必要なスキルを色々と習得することができます

Webディレクターになりたいけど、どのような方法がある?と思っていませんか?DeBo(ディーボ)なら、55,000円(税込)でお手軽に受講ができる以外にも、無料体験講座も行なっているので、おすすめですよ。 個人向けサービス

 

DeBo(ディーボ)の概要について

 

  • できるだけ費用をかけずにWebディレクターを目指したい
  • Webディレクターの企業に転職・就職がしたい
  • どのようにすればWebディレクターになれるか知りたい

といった方向けの内容となっています。

 


 

 

Webディレクターになるにはどうすればいい?と思って悩んでいませんか?

 

また、「Webディレクターになるための必要なスキルは?」とか「スクールに通うには高額な料金が必要なのでは?」などありますよね。

 

では、どうすればうまくWebディレクターを目指すことができるのだろうか?

 

こんな時は、超実践的Webディレクター養成講座のDeBo(ディーボ)を利用することで解決できるので、おすすめですよ。

 

なぜディーボはおすすめなの?

 

ディーボのWebディレクターでの強みとは?

 

  1. 比較的に安い料金で受講ができる
  2. 学習から面接対策まで一貫して対策ができる
  3. 無料体験講座を受けることができる

 

Web関係の講座を受講する際に受講料が10万円以上するのかと思われがちですが、ディーボでは、基本講座(全6回)が55,000円(税込)で受講ができるので、費用負担を気にすることなく受講ができます。

 

また、Webディレクターについての学習以外にも、面接対策も行なっているので、就職・転職活動でも困るといったことがありません。

 

もし、ディーボが気になってしまったら、公式サイトから無料体験講座を申し込むことができて受けることができるので、体験してみてくださいね。

 

Webディレクターについて疑問がある場合は、ディーボなら色々と知ることができますよ。

 

 

ディーボは安心して利用ができる?

 

ディーボのメリット・デメリットは?

 

「いくらディーボがWebディレクター目指すための条件がいいからといって安心して利用できるの?」と思っているかもしれませんが、問題なく利用ができます。

 

ディーボを運営しているブランディングテクノロジー株式会社は、ディーボでのWebディレクター養成講座以外にも、経営のブランディングに特化しているので、これから期待ができる企業でもあります。

 

また、公式サイトで講師の方が紹介されているので、安心して受講できるのも理由の一つです。

 

しかし、これだけメリットがある反面、無料体験講座や本講座を受講する際にコースが合わないと判断されたときは断られる場合があるといったデメリットがあるのですが、受講できる場合のメリットが大きいので、ディーボはおすすめといった感じなんですよ。

 

ディーボの無料体験の特徴とは?

 

ディーボではWebディレクターに対しての適性がわかる?

 

  1. メールフォームに入力して送信するだけで手軽に受講できる
  2. 講座の一部分を知ることができる
  3. 無理な勧誘がないので安心

 

ディーボで無料体験講座を受けるには、公式サイト上部に『無料体験講座を受ける』の部分をクリックして下の方に進むと申し込みフォームがあり、入力するだけで申し込むことができるので、手軽に受講ができます。

 

無料体験講座の内容では、講座で使われた資料の一部を見ることができるので、本講座を受講したい場合には、迷うといったことがありません。

 

無料体験講座を受講した後でも、勧誘といったことがないので、安心して無料体験講座を受講することができますよ。

 

ディーボの利用しやすさや期待できる点は?

 

ディーボではWebディレクターの能力がどのくらい身につく?

 

  1. 普段忙しい方でも受講がしやすくなっている
  2. 理解度に合わせてのフォローがある
  3. 講義が増えることがある

 

ディーボを受講するときには、場所・時間を問わずオンラインで受講することができ、実際のスクールに通うことがないので、たいへん便利に受講ができます。

 

また、Webディレクションに対してわからないことがあった場合でも、いつでも・何回でも質問することができるので、不安になることがありません。

 

しかも、これから新しい講義が増えることがあるので、スキルアップをするのにも期待が持てますよ。

 

ディーボでの受講での特徴は?

 

ディーボではWebディレクターの仕事がわかる?

 

  1. 会員登録をすることで受講ができる
  2. 6回分の講座がくりかえし行なわれる
  3. 面接対策を受けることができる

 

ディーボに会員登録をする場合、入金の確認がされて申し込みが完了することで会員登録できるようになるので、とてもお手軽です。

 

また、実際の受講では、受講後に理解度を確認するためのアンケート・次回を受講するといった流れになっていて、この流れを6回くりかえす学習方法なので、迷うことなく受講ができます。

 

この他にも、無料オプションで面接対策(希望者のみ)があり、模擬面談をする以外にも、職務経歴書・選考書類・ポートフォリオの書き方をアドバイスしてもらうことができるので、転職・就職活動がしやすくなっていますよ。

 

ディーボではどのようなことが学習できる?

 

ディーボのWebディレクターでは知識が身につく?

 

  1. 4つのステップに分けられる
  2. 業務の概要について学習する
  3. 立ち上げから進行管理やサイト公開までを学習する

 

ディーボでの学習についてですが、4stepで体系的に学習ができるので、Webディレクションが未経験といった場合でも気にすることなく受講ができます。

 

また、ディレクションの概要から始まるのですが、必要なスキルセットなどが学習できるので、Webディレクションの基礎部分を知ることができます。

 

ディレクションの概要が終わった後で企画やヒアリングなどのプロジェクトの立ち上げから、ワイヤーフレーム・コピーライティングなど制作を学習して、さらにサイト公開までのスケジュール管理などが学習できるので、実践的な部分まで学習ができますよ。

 

ディーボの評判・口コミは?

 

ディーボの評判・口コミ・評価など

 

 

HP制作の基準はクライアントのビジネスを前進させることであり、この基準からぶれないで制作を進めていくことが付加価値に繋がる事を学びました。「クライアントと同じ視点でHPを作らない」ということは今までになかった視点でした。今後は、いちユーザー目線の立場を忘れずに制作に励みます。

 

幹事会社を決めておくお話はなるほどなぁと思いました。

トラブル回避のために初動が重要なことを再認識いたしました。

 

「依頼の際は、担当範囲を明確にすることが大事」というのは、どちらの立場にもなることがあるので、これを活かして、作業者が作業しやすい、ディレクが指示しやすい人材になれるように内省していきます。

 

引用元:(公式サイト)『受講者の声』から

 

といった感想があったのですが、自分自身のWebディレクションの学習以外にも、クライアント目線から得られるといったことがわかりました。

 

どのような方がディーボを受講しやすい?

 

  • 短い期間でWebディレクションの学習がしたい
  • Webディレクターについて学習だけでなく面接対策もしたい
  • Webデザイン経験があるのでWebディレクションについても勉強したい

といった方が受講がしやすいかと思います。

 

ディーボでは、学習面以外にも面接対策も行なっているので、初心者の方でも受講がしやすくなっています。

 

もし、ディーボでWebディレクションを学習したい場合は、公式サイトから申し込むことができるので、フォーム入力して問い合わせてみてくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました